• Home
    • 良音 Norsonic 日本

    革新的なサウンド技術

    一般的に音響カメラとして知られている音響ビームフォーミングアレイは、ユーザーが異なる周波数と音源強度でさまざまな音源を可視化できます。狭い間隔とより低い周波数の音源を可視化する能力と解像度は、主に使用する機器のマイクの全体的なサイズと数によって決まります。ビームフォーミングされた結果に対する画像操作とデコンボリューション技術により解像度が向上する場合がありますが、実際にはアレイの特性が結果に影響を与えます。このサイズと解像度の基準は、音響カメラ市場の要です。ユーザーは、優れた解像度と低周波数の音源の可視化を実現しながら、小型、軽量、ポータブルなものを求めています。これは昔には単一システムでは不可能でした。

    ノーソニックヘクスタイルは、音響カメラへのモジュールベースのアプローチであり、可搬性と幅広い測定状況での優れた解像度をユーザーに提供します。アレイディッシュは六角形に基づいてからその名前という、複数のタイルを組み合わせてより大きなシステムにする機能を備えています。

    単一のヘクスタイルは、小型でポータブルで軽量な音響カメラとしてさまざまな測定状況で使用できます。 ヘクスタイルはUSBベースの音響カメラであり、電源とデータ転送両方に対応する1本のUSBケーブルを備えています。追加のバッテリーケーブルは必要ないです。このアレイは、堅牢で軽量なアルミニウムで作られており、128個のMEMSマイクがあり、重量が3 kg未満、最大直径は46 cmです。 ヘクスタイルの低周波数検出限界値は410 Hzです。

    Hextile – lightweight and portable
    Array geometry and beampattern for Hextile

    より低い周波数と全体周波数の両方でより良い解像度を必要とする使用者のために、3つのヘクスタイルを組み合わせて、384個のマイクで構成され、最大直径96 cmのより大きなマルチタイルシステムができます。マルチタイルの低周波数検出限界値は220 Hzです。

    Multitile – great resolution
    Array geometry and beampattern for Multitile

    1 kHz以下の特別な低周波数の場合はマルチタイル-LFによって測定ができます。つまりマルチタイルを低周波モードに設定することです。個々のヘクスタイルをさらに離すと、アレイシステムの最大直径が1.46 mに拡大し、低周波数検出限界値が120 Hzになり1 kHz以下の低周波数測定に最適です。

    Multitile (LF mode) – Low frequency measurements
    Array geometry and beampattern for Multitile (LF mode)